【ワンピース】サクっと読める1116話のネタバレと感想/ベガパンクは生きている…!

スポンサーリンク

どーもどもども。この記事ではワンピースのネタバレが含まれています。
コミック派なんやーー!って方は引き返すことをおすすめします。
自分なりの考察や感想を伝えていけたらいいなと思っています。
全く見当はずれやんとか何言ってるの?とかを楽しんでいただけたら嬉しいです。

1115話のあらすじ

●ジョイボーイが生まれた王国は、900年前とは思えないほど驚異的に文明を発展させており「空白の100年」に使用された<兵器>は、現代の科学力では再現できないと言われている。天才ベガパンクですら自分にはそれらを再現する能力がないことを認め、そこに大きな問題があると提唱。
●「空白の100年」の中で海面上昇は200mという驚異的な数字に達し、これはどの研究分野でも前例のない数字であることからベガパンクはこれは天災ではなく人災だと説明。
●海面上昇の原因をベガパンクは800年前に使用された古代兵器で今なお現存していると先日の大地震で確信。

まぁベガパンクってあからさまな「人殺しの兵器」を作らないみたいなことをドラゴンが言ってたから作ろうと思えば作れるかもしれないよね。
マザーフレイムっていう核融合炉は未完成ながら作れてるわけだし。
古代兵器の現存は麦わらの一団の中で明らかにはなってたけど世界にもその事実が知らされたことに。

1115話の気になったところ

空白の100年の間に200m海面が上昇。
先日の古代兵器「ウラヌス」の使用によって1mの海面上昇が起きたことから単純計算200回は古代兵器が使用されたのか?

1116話ネタバレおよび感想

それではここから1116話のネタバレと感想をしていきます。ネタバレについては画像は出しませんのであしからず…!

ベガパンクの謝罪…マザーフレイムは未完成

世界を沈めた古代兵器がまだどこかにあるって?
誰も知らないのに800年前の戦争が誰も生きていないのに続いているのはなぜだ?
とアラバスタの国民が叫ぶ。
ネフェリタル家のリリィの肖像画を見つめるイム様。
ベガパンクは深く謝罪しなければならないと言い、これから発展する産業の礎となる動力を作りたかった。研究の集大成「マザーフレイム」は実用化までにはこぎつけたが「未完成」である。しかし、その炎の一欠片だけ盗まれたと続けた。

まだ未完成だというところはポイントですね。完成はしていないんですね。完成したら無限にエネルギーを供給できると思うので、ベガパンクの望む世界である無償でエネルギーが行きわたる世界への実現につながりますね。

古代兵器起動の責任

すごい揺れを感じたステューシーはエジソンより麦わらの一味への島雲が供給できなくなった、逃げろと告げられる。ステューシーは捕えているカクを逃がしてもいいかと問いエジソンは考える。友達だったんだなと言い、心の中に葛藤が生まれているのは人間だとエジソンは言った。
話はベガパンクに戻り、ルルシア王国が2週間前に跡形もなく消えさらにその後に巨大な地震が発生。そんなことができた莫大なエネルギーは「マザーフレイム」でありその炎が古代兵器を起動させてしまった。誰が実行したかは不明だがその責任の一端は自分にあり重責を感じていると土下座した。かつて世界を沈めた人為的災害は実行可能であると。
その話を聞いていたモモの助は「ええ?じゃあプルトンは…」と驚いている。放送を聞いているクロコダイル、しらほし姫が描かれている中、古代兵器は過去に3つ存在し、ジョイボーイはそれを後世に伝えようとしている。そんなものをなぜ?まだ沈め足りないか?誰が悪で誰が正義じゃ?その全てが開示される日はくる。そのとき世界沈没が危惧される時だとベガパンクは告げた。

ステューシーはクローンとして生み出されたけどお前は人間だと強調するエジソンの優しさが見えますね。ただクローン気軽に作るなよ…とは思います。ワンピースの世界はベガパンクのせいでクローンだらけになってますね。
誰が悪で誰が正義っていうのは人の目線で変わるものであって、古代兵器の使用に関してもそうで。3つの「プルトン」「ポセイドン」「ウラヌス」は本当に兵器だったのか疑問があります。ポーネグリフには古代兵器と書かれてるみたいですけどね。
「ポセイドン」の力は海王類と対話して命令できる力。
「ウラヌス」は巨大な天空の船?城?島を跡形もなく吹き飛ばす力を持っている。
「プルトン」は海・天ときたら陸に関係ありそうですよね。
ジョイボーイが後世に伝える理由とは…。

海賊王の一団と鉄の巨人

ベガパンク「空白の100年を知ったのは海賊王の一団である。」
赤犬「全部しゃべってくれるのぅ…」と言っている。
場面はヨークに移りなんでマザーフレイムを盗んでるのがばれたのか?同期は切った。演技もウソも下手でヨークがだましてたのを知ったとき本気で驚いていた。だとしたら時系列が合わないと考える。そして配信電伝虫のありかを思いつく、それは工場層にいる鉄の巨人が守っていると。
ベガパンク「歴史を知った彼らは何も言わずなぜ消えた?なぜ動かなかった?」
その台詞の後にレイリーが「じじいがしゃべりすぎだベガパンク…若者から奪い取るなバカモノめ…なぁロジャー”楽しみ”をよ…」
ここまでが1116話「葛藤」になります。

1116話の感想

配信電伝虫のありかが鉄の巨人が守ってるっていうのが盲点でしたね。最初にステラが出てきたとき鉄の巨人に埋まってたんですよね。なるほどって思いました。時系列が合わないとヨークは言っていましたがベガパンクは過去配信に見せかけて生きてますよね。しかも鉄の巨人の中で現在進行形で配信中。たぶん死んだように見えたのはホログラムですね。
生きているからこそのマザーフレイムが盗まれたの発言でありそこから読み解ける事実をそのままお話していますよね。
今後の流れは五老星が鉄の巨人を破壊し放送を止めるってことになるでしょうけど、全部の情報が出る前に破壊されてしまうでしょうね。
ともあれ海賊王の一団が動かなかったのは「早すぎた」からですけど、早すぎると動けないこととはなんでしょうかね。少なくてもロジャーは世の中を動かしてますよね、ロジャーの放った一言で大海賊時代が幕開けしましたし。レイリーに関しては語りはしませんがルフィ達の手助けをしていますよね。
これからどういった内容が明かされるのか…次の目的地はエルバフなのでそこで文献やサウロから聞けることが多いかと思います。
1117話も楽しみにしていきましょう。

ここまでのDの一族まとめ

●モンキー・D・ルフィ
●モンキー・D・ドラゴン
●モンキー・D・ガープ
●ゴール・D・ロジャー
●ポートガス・D・エース
●ポートガス・D・ルージュ
●マーシャル・D・ティーチ
●トラファルガー・D・ワーテル・ロー
●ハグワール・D・サウロ
●ロックス・D・ジーベック
●ネフェリタル・D・リリィ

Dの意志・Dの一族(神の天敵)
イム「現在のDは本当の意味を知らない抜け殻のようなもの」

古代兵器まとめ

●プルトン…現在ワノ国にある。これを解放するにはワノ国を開国する必要がある。
クロコダイル「1発放てば島一つを跡形もなく消し飛ばすと聞く」ウラヌスと遜色ない兵器。
造船史上最悪の”バケモノ”と船大工トムによって言われている。
●ポセイドン…数百年に一度海王類と会話ができる人魚姫。海王類を動かすことができる力。
●ウラヌス…イム様によっておそらく使用された。動力は「マザーフレイム」。
ルルシア王国が無くなり、その地には大きな底知れない滝が形成。世界で地震が起こり海面が1m上昇した。

世界政府にウラヌスがありそれを使用した。
世界政府ではマザーフレイムは作れない。つまりウラヌスは作れない…だったら世界政府はウラヌスを手に入れたってこと。
動力については「マザーフレイム(消えない炎…太陽)」を使用。

空白の100年

●ジョイボーイの王国と20の王国によるとてつもない巨大な戦いがあった。
●20の王国が勝利しその王家により現在の世界政府が作られた。
●20の王国のうちアラバスタだけはそこの加盟から外れた。19の王族の末裔が天竜人。
●ワノ国の光月一族によりポーネグリフが作られる。
●ネフェルタリ・D・リリィによりポーネグリフが世界中にばら撒かれた。
●ネロナ家のイムという王が存在していた。
●鉄の巨人が造られた。
●ジョイボーイにより人魚姫に魚人島との約束を破ったことへの謝罪文を送る。
●黄金都市シャンドラが脅威と戦い滅ぶ。

スポンサーリンク

「崩壊スターレイル」は、壮大な宇宙を舞台にした冒険と戦略的なバトル、そして感情豊かなストーリーテリングを楽しめるゲームです。シリーズのファンや新規プレイヤーのどちらにも楽しめる要素が詰まっています。

崩壊:スターレイル
崩壊:スターレイル
開発元:COGNOSPHERE PTE. LTD.
無料
posted withアプリーチ