神姫プロジェクト 【ギルドオーダー】ケツァルコアトル[シャドウ]討伐

スポンサーリンク


ギルドオーダーケツァルコアトル[シャドウ]

ギルドオーダーの更新が来ましたね。

3回目の手配書は「ケツァルコアトル」になります。

ギルドオーダーは現在の神姫の中でも最高難易度クラスのコンテンツになります。

編成で悩んだりするのが楽しいところもあるので

やっていきたいと思います。

ちなみにギルドオーダーはクリアせずとも

参加するだけでGET出来るアイテムもあるので是非参加だけでもしていきましょう。

開催日時

9/7 05:00 ~9/21 04:59まで

報酬について

ミッションポイントを溜めることによりアイテムをGET出来ます。

1P~20Pまでの報酬は以下

1 ハーフエリクサー×5 8 魔宝石×500
2 エナジーシード×15 10 オリハルコン×1
3 進化のグリモワール×1 12 進化のグリモワール×2
4 魔宝石×300 15 神化のグリモワール×2
5 神化のグリモワール×1 18 オリハルコン×1
6 オリハルコン×1 20 オリハルコン×1

バトル1~ケツァルコアトル[シャドウ]

火属性の育成はそこまで進んでないので厳しいかな~なんて

思っていたんですけど、まぁなんとかなりました。

英霊:ジャンヌ

神姫:スヴァローグ、不動明王、アマテラス、ソル

サブ:アレス、ブリュンヒルデ

総攻撃力:49254

火アサルト値:94

自幻獣:ファフニール60%

フレ幻獣:ベリアル

バトル1

ピクシー:全体に腐敗&麻痺付与

エント:全体防御バフ(5割軽減?)&リジェネ(20万回復)付与

シルフ:全体に毒&幻惑付与

ピクシーとシルフのHPが低めでエントはHPが高いです。

ピクシーの麻痺を食らうと壊滅的な状況に追い込まれるので

先にピクシーを倒すことをオススメします。(私は開催当日に事故ったので(苦笑)

腐敗、毒などのダメージは700~800程度。

ピクシー→シルフ→エントの順に倒すといいかと思います。

ちなみに通常攻撃力は異様に低いので、エントを残してアビリティを

稼いでからバトル2へ向かうと次が楽になりますかね。

エントのバフは時間経過で消えるので待ってから倒すのもアリですね。

バトル2

仙狸:全体の攻撃、連撃率ダウン

人虎:全体ダメージ+回復4T不能 (特殊:毎ターン累積攻防バフ)

大風:全体バーストゲージ減少&バフ解除

4Tで回復不能が来るので先に人虎から倒したいところですね。

人虎の全体ダメージは防御バフなどを入れない場合、3000ほどのダメージを受けます。

自分は人虎を残したせいで回復不能が入り、やっちまったな!状態でした。

バトル3

よく見かけるヤツですね。通常攻撃は1200くらいです。

バーストはランダムで5回攻撃を受けます。

長引かせずに早めに倒すことを心掛けるようにしたいですね。

余計な被弾は減らすことにつきます。

バトル4

歓喜のムシュフシュ:全体の連撃率アップ

ゴルゴン:ランダムダメージx4

ベリス:全体無敵化(2回)

とりあえずゴルゴン→ムシュフシュ→→ベリスこの順で倒しました。

全体ダメージを使う2体には攻撃デバフを優先でかけ、防御デバフはゴルゴン優先。

ゴルゴンのダメージで事故が発生する可能性があるので、

優先して叩きたいところですね。

ベリスを最後に残すとHPとアビリティの回復ができるのでケツ戦の入りが楽になります。

バトル5:ケツァルコアトル[シャドウ]

通常バースト:ランタゲダメージ×3

レイバ:全体大ダメージ、全体防御ダウンデバフ

幻惑を入れると特殊行動でデバフを解除するみたいなので注意が必要。

ためしに幻惑が入るかなーとエキドナ使ったら入ったのでデバフが解除されて

最後に2人飛ばされました。遊ばない方がいいですね。

連撃のバフを使用してくるので連撃率が非常に高めですね。

暗闇などが入ると少しは楽になりますが、事故る可能性があるのでなんともって

ところですかね。

ダメージカットなどがあると安心かなと思います。

SR以下をどういう編成にするか悩みますね~。

アンドロを入れて行くことになりそうです。コノハナサクヤさんも有能ですよね。

考えながら挑戦してみたいと思います。

こちらの記事も読まれています
暇つぶしによくゲームアプリをしています。ついつい手が伸びてしまうんですよね、もはや習慣化してきているのは駄目な方向へ進んでいるような気がします。 さて、私のようなボッチが個人的に暇つぶしにiPhone,Androidで無料で楽しく遊べる面白いおすすめな無料スマホアプリゲームをランキング形式で紹介していきたいと思います。 では、いってみよー


スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク

フォローする