アズールレーンとは?人気の理由と魅力について紹介していきます

スポンサーリンク


累計登録者数400万人突破。サービス開始から3ヶ月あまりでの異例のスピードでとどまる事を知らない人気スマホアプリゲーム「アズールレーン」

Googleplayによるベストオブ2017のユーザー投票部門にてTOP5入りを果たし、残念ながら大賞は逃しましたが、個人的に2017年に一番はまったゲームなのでちょっと気になっている方、これから始めようか迷っている方に向けて人気の理由とその魅力について書いていこうと思います。

アプリ版DLはこちら↓

アズールレーン

アズールレーン
開発元:Yostar, Inc.
無料
posted with アプリーチ

アズールレーン人気の理由と魅力について

2017/9/14より日本版の正式サービスが開始されました。制作は中国のYostar。

ゲーム内容は「擬人化艦船少女×シューティングゲーム」といったアクション性がある形になっています。日本で人気ゲームの「艦これ」の要素を含んでおり日本向けに制作したと言っても過言ではないと思います。

こちらは出撃内にある対人要素の「演習」画面。基本的にAUTO×AUTOでのバトルになるので対人戦は苦手…という方でも取り組みやすい内容になっています。

アズールレーンの人気の理由

リリース開始直後より徐々に話題を集め、twitterや口コミにより拡散されました。最初の勢いそのままに現在でもゲームを開始する人が多いです。

個人的にリセマラが不要、ガチャは無課金でも1日2,3回は回せる、高レアリティの排出率が高く続けていれば誰でも高レアリティの戦艦で揃えることが可能。無課金でも存分にストレスなくアズールレーンを堪能出来るといった点が大きなウェイトを占めます。

他にもキャラが可愛かったり、武器素材を集めるのは大変だが続けていればそれなりに集まりますので良心的です。

自分の推しメンはベルファストさんです、メイド可愛いです。

冒頭でアクション型のシューティングだと言いましたが操作性もそこまで難しくないです。AUTO戦闘でも戦っていくことが可能です。

ガチャの概要

資金1500×キューブを消費することで建造ということが出来ます。これがガチャの要素に当たる訳ですが、高レアリティは結構出てくれます。

・建造確率

SSレア:小型7%/大型・特型7%

Sレア:小型12%/大型・特型12%

レア:小型26%/大型・特型51%

N:小型55%/大型・特型30%

最高レアのSSレアの建造排出確率は7%です、なんの気無しに回してみてもそれなりに当たります。いっぱい回したい!なんて際には課金の必要性が出てきますが個人的にゆっくりまったりをやるのであれば課金せずとも十分です。

この記事を書いている最中に建造中だったものを進水式に出してみたら出ました。1週間やってみて建造でSSレアが出ないなんてことは少ないんじゃないかなと思います。

クエストから艦船が入手出来る

通常のクエストを周回していくことで艦船や武器素材を集めることが出来ます。出撃に燃料が必要になってきます。この燃料は戦艦の限界突破数、レアリティが高いほど高くなるので一概に高レアリティがいいというものでもありません。

Sレアキャラ、ノーマルキャラも活躍させる機会が多いので無駄な艦船が無いというのも面白さの1つかもしれません。

序盤の中で人気のあるクエストは3-4になります。ここでは低確率ですがSSレアの艦船である「赤城」「加賀」の入手が可能です。どちらも人気投票で上位に食い込むほど人気のある艦になります。

最後に

上記以外にも宿舎、スキルレベルUPのための学習などやり込み要素も多くあります。ひとまずやることには困る事はありません、出来るだけ燃料を押さえながら高難易度でドロップを狙うというような編成に悩んだり、時間がなければ好きなキャラで編成を組んで燃料を多く消費しながら進めていったりとその人に合ったペースで遊ぶことが出来ます。

楽しくお気に入りの艦娘を楽しめる「アズールレーン」

2017年度個人的におすすめのゲームです!

無課金で楽しめるのは間違いありません、気になる方は是非プレイしてほしく思います。

今から始めるとSレアの「時雨」がもれなくついてきます

アプリ版DLはこちら↓

アズールレーン

アズールレーン
開発元:Yostar, Inc.
無料
posted with アプリーチ
こちらの記事も読まれています
暇つぶしによくゲームアプリをしています。ついつい手が伸びてしまうんですよね、もはや習慣化してきているのは駄目な方向へ進んでいるような気がします。 さて、私のようなボッチが個人的に暇つぶしにiPhone,Androidで無料で楽しく遊べる面白いおすすめな無料スマホアプリゲームをランキング形式で紹介していきたいと思います。 では、いってみよー


スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク

フォローする